不動産用語

保証会社とは?(賃貸編)

更新日:

1990年頃から徐々に事業として拡大をしてきた賃貸の保証契約を委託できる会社の事です。
連帯保証人を頼める人がいない人が、金銭を支払い保証会社に加入することで連帯保証人を付けずに賃貸契約を結ぶ為に使用することになります。

ただ、現状でいえば、連帯保証人がいても居なくても、取りあえず保証会社には加入しておいてほしい。となることが多く、連帯保証人+保証会社という事で賃貸契約を結ぶことがあります。

初回の保証料という事で家賃の30%-100%程度の加入料を支払い、あとは、月払いや、年払いで更新していく契約もあれば、一度払えば更新料は無し。という事で契約できる保証会社もあります。
家賃滞納が起こった時点で貸主が保証会社に代位弁済通知を入れると、保証会社から貸主に契約賃料が入り、保証会社から借主への請求が始まります。(引き落としタイプもあります)

現在は100社以上の保証会社が存在しているとされ、それぞれ、保証料、更新料、保証の内容、また審査の内容も違う為、貸主借主共に慎重に選定していくことが望ましいとされています。
一般的には家賃滞納の保証はもちろん、退去時の現状回復の保証、短期違約金等の特約の保証など、およそ賃貸のリスクとなりえるほぼすべての内容を網羅してくれています。
また滞納超過による明け渡し訴訟も全額負担でして貰える所が多いので、滞納者が部屋に居座るという事もほとんどありません。(保証内容は会社、料金で大きく違います、)

-不動産用語
-,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.