大島てる

大島てるの嘘、デマ情報はあるの?

更新日:

ねぎ主任
お部屋探しをする時に「大島てる」というサイトを見る事があるかもしれません。もちろん、僕も不動産営業として仕事をしていれば、お客さんからも聞かれますし、自分自身も見たりします。 この「大島てる」というサイトの内容について、検証してみたいと思います。

大島てるの嘘とデマに注意

まず、大島てるに限らずネットをする上で、注意してほしいのが、「掲載してある情報は全て真実ではない」という事です。誰がかいたのか、誰でも書けるのか?ソース(情報源)はなんなのか?という事がとても重要です。

大島てるでいうと、誰でも書き込みが出来るサイトであり、それを細かく精査する人もおらず、偽情報、デマ、情報と思われる物件もかなりの数存在している事が分かります。

家主さんへの嫌がらせか!という内容も正直あります、、。

実際にはそんな事件事故がなくても、誰かが書き込むことによって、閲覧する人がいて、遠回しに不動産の価値を下げる要因の一つにはなります。

僕個人の話であれば、部屋探しの申込まで進んだ方が「大島てる」を見てキャンセルされた。という事があります。それに関しては同じマンションの別の階数、別タイプの部屋で室内で死体が発見(老衰)という、大島てるの内容だったのですが、家主さん、管理会社に聞いても、「そんな事実は全くない」という事で言われてしまいました。(具体的に調べて貰ってもよいという事までいわれ、、。)

ただ、お客さんから見ると、実際にあった事件の様には見えます。たがだか、15文字程度の書き込みですが、自分が住もうとするマンションで何かしらの心理的瑕疵があるのは嫌ですよね。

結局このケースではそんな事実はなかったものの、お客さんからすると気持ちが悪いという事でキャンセルになりました。しぶしぶ別の物件で契約をすることになったのですが、デマであろう情報でせっかくの部屋探しが台無しになってしまったケースもあるのです。

 

不動産営業と事故物件と大島てると

大島てるという名前が業界でも知れ渡っているため、今や不動産営業も大島てるは営業ツールとして使っている部分があります。

全項目でかいてあるように、本当かどうかわからないけど、大島てるに載っている物件は、キャンセルを食らう可能性がある為に、避けておく。という傾向もあるのではないでしょうか。

もしくは予め、大島てるに載ってますね~なんていう一言を自ら言っておくだけで印象も変わります。

 

お部屋探しをする人は基本的には事故物件に住みたくない訳です。

不動産屋側からしても、事故物件を進んでお勧めする訳ないのです。というか、事故物件という事を隠して内緒で契約。なんてことはするハズないのです。これが重大な業法違反ですし、告知義務を怠るというのは賠償責任の話にもなってくるからなんですね。

もちろん、契約前の重要事項説明で、事故物件などの心理的瑕疵、その他告知しておくべき事項については書面と口頭で説明をしなければなりません。

 

なので、そんな強大なリスクを背負ってまで、事故物件を内緒で契約はしません。

これは、家主、管理会社にも言える事です。

 

事故物件は安い。というメリットがあるがゆえに、こんなのもありますけど?という事で最初から事故物件という事を言ったうえで紹介するケースはあります。事故物件の相場はどれくらい?

 

大島てるのデマ物件を検証

と、いうわけでいくつかサイトから引っ張ってみました。

wer

↑阿倍野区の分譲マンションです。おそらくこれは、不動産営業がオトリ広告として使った文言をそのままお客さんが大島てるにかいたのかと思われます。賃貸契約が半年で終わるなんて聞いたこともないですし、途中から家賃が戻るなんてありえません。

699

↑誰が載せたのか分かりませんが、住所までばっちり載せておいた、情報源が賃貸情報サイトっていうのは、、なんとも信憑性にかけますね。。

 

456

↑ らしい、という噂レベルの話で掲載されてしまうと、所有者はたまったもんじゃないです。

 

9980

↑ただ、ただ、情報が古すぎ。逆にこの情報いる??ってなります。

 

という感じでちょろっとサイトを見ただけでも突っ込みどころ満載の掲載がいくつかありました。

もちろん、中には事細かに死亡者の名前まで出して掲載されいるものも有(おそらくニュース記事のコピペでしょうが、、。)記録として参考になるものもありました。

上手に使うと、部屋探しの味方になってくれるいいサイトですが、あまりに信じ込みすぎると、部屋探しの弊害にもなりかねません。

大島てるに限らず、不動産屋の情報には都市伝説的なデマや嘘情報が多いです。

まずは、信頼のできる営業マンを探して、納得のいく部屋探しを進めましょう。

賃貸で幽霊体験?事故物件でおばけ現象に出くわした人たち

-大島てる
-, , , ,

Copyright© 大阪不動産営業マンぶっちゃけブログ , 2019 All Rights Reserved.