営業について 賃貸

空室対策はレインズ登録で9割以上完了している??

更新日:

不動産の物件流通システムに近畿レインズというのがあります。

簡単にいうと不動産屋同士で空室情報を共有しているようなサイトです。

詳しくこちら 近畿レインズとは

イメージでいうと、suumoなんかの不動産屋バージョンといえば分かりやすいでしょうか?管理会社なんかが預かっている物件を直接掲載しています。

もちろん、駅から検索、住所から検索、設備で検索など、様々な方法で検索ができるシステムなわけです。

近畿レインズで客付けが変わった

不動産業界は全体的にみればまだまだアナログな世界だなとおもいます。

むしろ、好んでアナログ思考にしているという感じです。賃貸の場合は若い人がお客さんという事も多いのですが、売買となると割と年配の方がお客さんになることが多いです。

なので、自然と営業手法もまだまだアナログのままで通用しているという事になります。

ただ、近畿レインズというシステムが出来てから業界の客付けは大きく変わったと思います。

保証協会に入っている不動産屋(おそらく9割以上)は空室物件や、売買物件を預かったときにはレインズに掲載しないといけないという事になっています。

すなわちどうゆう事かというと、個人家主が自分で募集してない物件はこの近畿レインズに掲載されているという事でもあります。

また、このシステムは大阪市、大阪府、はたまた兵庫県神戸市などの情報もパソコンからポチポチするだけで見れてしまう訳です(田舎に行けば行くほど掲載率は悪いように感じますが。。)

なので、天王寺に居ながらにして新大阪の物件を検索して、案内して、、という事が可能になりました。

レインズに載せていればどこの業者も資料を取り出せる

空室をレインズに乗せているかどうか、、、という事が非常に重要になりました。

例えば、阿倍野区昭和町の最寄りに自分の所有しているマンションがあるとしますよね?

アナログ自体の場合は、現地にいって、管理会社の電話番号調べて、電話をかけて、空室確認をして、、。番号が現地に無ければ謄本を挙げて、、と、かなり手間な訳です。

電話番号自体は残るので、また確認することはできますが、こんなにマンションがある中でわざわざ現地まで確認しにきてくれる不動産屋はせいぜい2駅離れている距離くらいまで不動産屋のみです。

所有者、管理会社なんかは日々、変更もあったりしますので、情報を管理し続けるというのは非常に難しかった訳ですね。なので本当に近場の情報だけで営業をするという事になりました。

昭和町に不動産屋に探しにきたお客さんを昭和町で決めないといけないという事です。情報が他の駅や地域にふる営業がしにくい訳です。これは営業という観点からみても、かなりのマイナスになる訳ですね。

それが、近畿レインズの登場で他の駅や地域の情報も簡単に取り出せるようになったのです。

昭和町は相場が高いので、長居や東住吉にいきませんか?ということで話が進みやすくなったわけですね。

そんなときに、近畿レインズに空室物件を掲載していたらどうでしょうか?

営業マンが検索したのちに、該当してきたら、紹介され、案内が入ることになります。

当社天王寺で、管理募集しているマンションも阿倍野区が多いですが、昨今は、中央区や西区、北区の不動産業者も走ってくれるケースが増えています。

こういった営業チャンスを逃さない為にも近畿レインズに掲載している。というのは重要な訳です。

レインズに掲載するとニーズや相場がわかる

レインズに掲載する、もう一つの利点としては、相場やニーズが分かりやすいという事です。

掲載をすると、それを見た業者から電話が入ってきます。

この電話の回数や内容で、今、物件が高いのか安いのか、特徴はなんなのか?という事がおのずとわかってくるようになります。

掲載して1日に何回も電話がかかってくるような物件はすぐに成約にいたりますし、1週間に1回電話があるかないか、という事であれば、少し条件を考えなければなりません。

当社は近畿レインズの掲載も完全成功報酬でお手伝いしておりますので、お気軽にご相談下さい。

間取り作成、資料作成、鍵の手配などなど、営業マンが走ってもらいやすい方法で早めの空室対策を心がけています。

-営業について, 賃貸
-, , , ,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.