その他 引越し

引っ越し料金は交渉次第?皆はこうやって安くした

更新日:

ねぎ主任
部屋探しの次はいよいよ引っ越しですよね。不動産業者と一緒で何処を使ったらいいんだろう~ってなってしまいますよね。
確かに、、大手の方がいいのか、、地域密着系がいいのか、、たくさんありますもんね~。
ふど子
ねぎ主任
引越し業者は交渉しだいな部分もありますが、皆はどうやって話をしたのでしょうか?

引越しの交渉ので安くなったエピソード

引越し業者は忙しければ高くなるし、暇な時は安くなる。。という、簡単な構図で引っ越し料金が決まっています。週末は高いですし、賃貸契約の多い月末も高い、、。

見積もりの仕方によっては2倍以上の差が出る事も珍しくありません。

では実際に引っ越し料金を安くしてもらった人たちはどういった交渉をしたのでしょうか?

交渉次第

3月の引越しで4人家族マンション暮らし、同じ区内の引越しでした。この時期は空いている日もなかなかなくとても困っていました。業者はいくつか見積もりを取りました。夕方荷物を積んでおいて翌朝早朝に出発するパターンや、夕方遅い時間帯なら空いている、平日のこの日ならなど言われ、こちらも小さな子がいるし、仕事が忙しいこの時期なかなか主人も休めないので困り果ててました。そして毎回見積もりに来てもらったら、あの会社はいくら出すと言っていた、と話し、話がわかってくれそうなある1社には朝早くてもいいからと20万ポッキリにしてほしいとハッキリと話したところその場で電話で業者の人が上司と相談され、なんとかOKもらいました。業者の人数は4人くらいでした。3月は1番の稼ぎ時なのでなかなか厳しいとは言われました。半分はこちらの粘り勝ちみたいなところもありますが、業者の話をきちんと聞き、丁寧に提案すればわかってもらえると思います。あと、この人はできる人かどうか、というのを見極めることです。ある程度上司とも交渉出来そうな仕事が出来そうな人ならうまくいくと思います。

結婚に伴う引越で

先月の10月13日にわたしは名古屋→東京都江戸川区へ引っ越しました。
アート引越センターに見積もりを取り、安くしていただきました。
まずはじめに、結婚に伴う引越で、彼と合わせて15万円が予算と伝えました。
ちなみに、二人とも一人暮らしで、わたしはワンルーム、彼は社宅で、部屋の中に洗濯機やキッチンのない小さな部屋です。
彼は千葉県→東京都江戸川区の引越となりました。
予算を伝えていたので、もともとの見積もり金額より、安く設定してもらえて、彼の方が6万円、わたしの方を9万ちょっとにしてもらいました。
その後、わたしの見積もり金額を彼に電話したところ、「いったん考えますと伝えて」と言われたので、そのようにしました。そうすると、「見積もりは今日限りの金額ですし、他に当たるとまた1時間くらい時間を取られてロスになりますよ。」と強い営業口調で言われました。
それでもわたしは、「彼がそう言ってますので」と困っていたら、なんと「それじゃあもう、9万円ぴったりにしますので」と言われました。
もしかしたら、9万円でもきっちり利益が出るのかもしれませんが、わたしとしては、かなり安くしてもらえたのでは?と思いました。
ちなみに、大きな家具は、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、カワイの電子ピアノ、こたつ机です。
たまたま上手く交渉出来ましたが、一応成功と言えるかもしれません。

「相見積もりさせてもらう」の一言で、ぐんと値引きを

家族3人での、3DKから3DKへの引っ越しでした。引っ越し先は県内。転勤などではなく自己都合。ですので会社から費用は出ず、すべて自腹でしたので、少しでも安く済ませたいと思いました。
それで2社に連絡をして、相見積もりを取ることにしました。やって来た営業マンには、「相見積もりさせてもらうから」とはっきり伝えました。そうすると相手も少し引き締まりますね。片方の業者さんなど、「先方さんの見積もりが出たら教えてもらえませんか?」と言います。相手の業者さんが業界でも結構金額が安いということで知られているらしく、そこが相手では勝負にならないかもしれない、だから相手の金額次第で上司に相談して値引きをすると言うのです。
言われた通り、確かに値段の差が結構ありました。最初の業者さんに金額を伝えますと、先方と同金額でやります、とおっしゃいました。トータルの金額は覚えていないのですが、確か3万円程度は値引きを言ってきた覚えがあります。引っ越しの料金の決まりって、あって無いようなものなのでは?と思ってしまいました。
時期が9月と、繁忙期でなかったこともよかったのかもしれません。業者さんも一件でも仕事が欲しい時期だったのでしょう。繁忙期だとこうはいかなかったかもしれないですね。

引っ越し 価格交渉体験談

私は一人暮らしをしていて、ワンルームのアパートに住んでいました。荷物としては必要最低限のものしかありませんでした。大きなものは洗濯機と冷蔵庫、ソファーくらいでした。同じ市への引っ越しになります。
最初の業者に見積もりを出すと40,000円という見積もりが来ました。そして2社目の業者に見積もりを出すと28,000円という見積もりが出ました。
そして一社目の業者に28,000円の見積もりが出たので見送らせてもらうという連絡をいれると、今決めてもらったら25,000円でやらせてもらいます。よその業者でもこれ以上は無理ですと言われました。
私はその価格なら十分満足できるものだったので、その業者におねがいすることにしました。
ただ最初に提示された40,000円というのは一体何だったのだとも思いました。

勘違いが交渉に役立ちました

前回の引越し先に納得がいかず、更新月のタイミングで引越しすることとしました。10月末、安くもなく高くもなく、という具合の時期だったかと思います。前回の引越しの際は安さを優先したのですが、その業者がかなりいい加減かつ怖かったので、もうそこは止めて、不動産屋の紹介してくれたアーク引越しセンター(ここは御社のほうで具体的社名は出さないと判断された際、引越しやさんと書き直してください。)に相談してみることとしました。こちらが指定した期日ではない日に電話をしてきて最初の印象は悪かったので、納得のいく条件でないなら断るつもりで見積もりに来て貰いました。最初に説明を聞いた時点で前回の引越し業者よりすべてがしっかりしているので、これは高くつくだろうと思い、案の定前回の2倍近い金額でした。これでは無理だとハッキリ伝えたところ、時間指定をなくして2万円近く安くなりました。とはいえそのとき私たちの頭の中にあった前回の引越し金額が3万5000円ぐらい。それをしっかりオーバーしていたので、かなり悩ましい金額でした。今回の引越しの理由が家賃を下げるためということもあったのでお金にはシビアになっていた夫婦としては苦しい金額。うーんと悩んでいたら先方が上司と相談された結果、引越し当日に私たちのほかに2件回る予定で、丁度1件目我々の引越し元でその2件目が我々の引越し先というルートになっているので、その間時間指定なしなら5万円を切って用意できるとなったので、契約を踏み切りました。
実は後で前回の領収書が出てきたので見返してみたら、3万5000円が間違いで4万5000円程度でした。勘違いのおかげで結果安い交渉が出来たので正直運がいいと思いました。ただこれだけこちらの条件を飲んでくれた引越し業者には感謝です。

引っ越し業者を安くするために

引っ越しは11月で東京都から山口県までの引っ越しでした。
6畳ワンルームから6畳ワンルームの引っ越しで5万円いきませんでした。安くするために、まずは複数の業者に電話で見積依頼をしました。業者によって引っ越し費用が全然違ったので驚きましたが、まず二番目に安い業者に連絡し、1番目に安い業者の価格を言いもう少し安くならないかを交渉しました。そこで安くして貰えたので、今度は1番目に安かった業者に連絡してもう一社の価格を伝えたところ少しだけ安くして貰えたのでそこの業者に頼むことにしました。段ボールや梱包に必要なものは全て自分でそろえた方が安くなるので自分でそろえました。実際に業者の方が来た時に丁寧に対応していたおかげかわかりませんが、途中で引っ越しのおじさんに見積の際に言われた価格よりも少なく済みそうだと言われ、実際に5千円くらい安くなりました。

大型家具の設置を安くしてもらいました

9月に引っ越しの申し込みをして、10月に引っ越しをしました。大手に依頼して作業員は二人です。私は一人暮らしなので、費用は10万円かからないと思っていましたが、見積もりで出た金額は13万円でした。予算オーバーした理由は私の家具が特殊なもので、2Fに運ぶ際にベランダから搬入しなければいけなかったからです。どうしても予算以内で抑えたかったので、交渉がダメだったら他の引っ越し会社に変更も検討していました。しかし、実際は「他も検討している」と言っただけで、案外簡単に交渉に応じて貰えたので驚いています。恐らく、引っ越し時期が良かったんだと思いますが、他の引っ越し会社を利用した事がないので分かりません。引っ越しは大型家具の設置も含めて4時間で終わり、予定よりも早く終わったという理由で室内の簡単な掃除を行って貰えました。予算内に引っ越しが出来て良かったです。

迅速に相見積もりで大幅値下げ

7月の土曜日の午前中に引っ越しをする予定で引っ越し業者に相談していました。その頃は大人2人と乳児1人の家族三人で1DKに住んでいました。
大手の引越し業者三社に相見積もりをお願いし、なるべくその日に三社来てもらいギリギリ鉢合わせしない時間に設定しました。
通常3人分の引越しですと、大手引越し業者価格で7万円前後が平均と聞きました。
1社目で4万円を切る値段で強気に契約を取りに来るような価格でした。他にも見積もりをとる旨を伝えお帰りいただきましたが、その件を伝えると三社の見積もりが終わる時間までにさらに価格交渉を上司に相談するとの話でした。
2社目の方が来ると、すぐに1社目には勝てないので退散するとのことでお帰りになりました。最後に3社目の方が来ると、2社目できた営業の方をご存知のようで、その人が諦めたなら勝ち目がないとすぐに帰られました。見積もりが全て終わり1社目の方から電話が来てさらに5千円ほど値引きしてくれるとのことで即決しました。やはり値引きをしてもらうためには相見積もりをし、相手の存在を匂わせることだと思います。

全てお任せしました

以前、5月にひっこす引っ越す事になり、急な引っ越しだったものですから、ゆっくり引っ越し業者を選ぶ余裕さえありませんでした。
そんな時に、やっと引っ越し業者を見つける事には成功したのですが、金額を計算して、少し高いと正直思いました。
そこで、引っ越しの日時は、全て引っ越し業者の人に任せる事にしました。
大体の希望日は告げて、後は業者さんの都合の良い時間帯で良い事を伝えました。
そうして、数千円ですが割り引いてもらう事に成功しました。
シーズンとしても、雨が多くては不安でしたが、業者さんからの指定された日にちでの引っ越しは、天気は快晴でした。
やはり忙しい引っ越し業者さんにとって、日にちの指定がないというのは、とても助かるようで、それに空いている時に来てくれるので、作業もゆとりがあるように感じました。
ほんの少しの工夫で、お得に引っ越す事が可能なのです。

引っ越しの見積りは値切るのが当たり前!

3月上旬ごろに引っ越しました。夫婦2人分で2DKのマンションへの引っ越しで、最初の見積りで約10万円と言われました。ですがこれまで何度か引っ越し経験があり、そこの業者は初めは高い金額を提案してきてそのあと大きく値切ってお得感を出すセールストークをしてくることを知っていたので、もちろんすぐに返事をせず渋りました。「ちょっとその値段じゃ厳しいです」というと「じゃあこれはほんとに特別なんですけど…」と、ここでようやく本来の値段を提示してくれました。引っ越しラッシュのシーズンでしかも土曜日の引っ越しだったのですが、最終的に都内から都内への引っ越しで約5万円台になりました。作業員は社員の方1人と社員さんの補助的なアルバイトの方1人でしたが、とてもスピィーディに作業をされ、あっという間に終わりました。引っ越し先で照明を設置するのに手間取っていたのですが、サービスで最後にそれも設置して頂き助かりました。

 

-その他, 引越し
-, ,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.