その他 転職

20代で不動産業へ転職体験談~仕事のやりがい~

ねぎ主任
こんにちは、大阪の不動産営業です。不動産業へ興味を持っている人の参考になればと思い、実際に転職された方へインタビューという形で記事にしてみました。

20代男性 保険代理業からの不動産転職

不動産業に転職しようとおもったきっかけは?

保険代理店に勤めていた時、火災保険や賠償責任保険など不動産業と関わりが強い保険を通してこの業界と接点があり、興味を持っていました。

ねぎ主任
保険の知識って不動産営業に結構生きてくることが多いですよね。

何を使って不動産業に転職されましたか?

いえらぶ不動産の転職情報サイトを使いました。

ねぎ主任
不動産営業に特化している唯一の求人サイトですね。

不動産業のやりがいはなんでしょうか?

不動産とは人の一生に大きな影響を与える家などが主な取り扱い商品となります。ですので、人の幸福に一番強く携わる事が出来る仕事、言ってみたら人の役にたつ事が出来る仕事だと思います。私は一戸建て、マンションの販売業務にも関わったことがあります。大抵のお客様は自分の終のすみかになるであろう家を探す時はとても多くの時間を費やされます。それこそ細かい点までチャックを重ねるお客様も珍しくはないのです。それは、言い方を変えるとお客様の人生にとって家を買うということはとても重大事だからこそ、お客様は慎重になられているという証拠でもあるのです。そのお客様に対し、真摯に向き合い、役にたつ情報を惜しみなく提供すること。それが私たち不動産業に携わる者の使命と言える訳ですね。中にはどんな物件を紹介してもなかなか決断をしていただけないお客様もいらっしゃいます。そんな時、面倒だと思ってしまうと、私たち不動産業界の営業マンは失格なのです。そういう仕事をしているとそこにやりがいを感じることは出来ません。長い時間をかけ、じっくりと検討していただいた結果、お客様から有難うと言われると、この瞬間にそれまでの苦労は一瞬で報われます。もし、結果として私が紹介した物件をお客様が購入していただいたとしたら、そこがお客様のこれからの人生において、幸せの舞台となる訳です。お客様の幸せを自分が演出したと思うとこんなにワクワクすることはありません。不動産業界のやりがいとは人を幸せに出来る仕事、本当にこれに尽きると思います。

ねぎ主任
人の縁をつなぐ仕事ですね。

不動産業界のしんどい所を教えて下さい。

不動産はなかなか難しい仕事です。
まず、不動産を取り扱うにはいろいろな資格や知識を必要とします。宅建の資格や、税金などの知識、そして資産形成などの知識も場面によっては求められるものです。私は前職は保険業でしたので、火災保険などの知識はやっぱり不動産業でも役にたちました。いろんな資格や知識が必要となる不動産業界ですので、日々勉強が必要です。私も保険業界から転職した時はそれこそ勉強、勉強という感じでした。夜遅く帰宅しても1時間、2時間と勉強をしなければならなかった事はしんどい所です。
不動産というものはなかなか売れないものです。考えてみたら数千万、億という金額の商品ですから簡単に売れる訳がないという事は当たり前なのですが。一方で不動産会社はどの企業も営業マンにノルマや販売目標を課すことが一般的です。そのノルマが達成出来ないときは、やはり給料にも大きく影響してきます。私が転職した不動産会社は毎月、営業実績を管理しています。ですから私は月の半ばくらいからその月の営業実績がとても気になってきます。営業実績がなかなか上がらない月というものは月末まで本当にしんどい日が続きます。
どの業界においてもそうかもしれませんが、特に不動産業界ではお客様のご都合が最優先されます。何千万円もの物件を購入いただくお客様ですからそのご都合に合わせるという事は当たり前のことでもありますが、不動産業界ではとくにそれが顕著です。物件のご購入をご検討していただいているお客様が商談のために深夜に自宅に来いと言われれば何をおいてもお伺いします。もちろん休日でも伺います。例えば、その日は私の公休日であってもお客様に呼ばれれば休みは返上して行く必要があるのです。不動産業界は忙しさでは他の業種よりもしんどい所が多いと思います。

ねぎ主任
ノルマ、、これは不動産営業に付き物です。。

不動産業界に向いている人はこんな人

不動産業界に向いているのはとにかくやる気があってお金を稼ぎたいという人だと思います。なにがなんでも営業の実績を上げてやると高いモチベーションを保ち続ける人は、私から見ても大抵は結果を出しています。逆に運任せで高い志を持っていない人は自分で何も行動をしないので成功していない人が多いですね。不動産業界は歩合制が多い業界です。やる気を持って営業をしていると、以前のお客様から新しいお客様をご紹介していただけることがあるものです。そうなるとお客様がお客様を呼ぶという良い循環に入り、営業実績がどんどんと上がっていくことがあります。営業成績があがると給料も上がるので、ますますやる気が出てくるという訳です。やはりこういう状況に持っていくためにはやる気を持って、お客様のために尽くすという心構えを持ち続けることが大切なのです。そんな営業マンになれると思える人は不動産業界に向いていると思います。

ねぎ主任
歩合というプレッシャーに立ち向かえるか、、という事でしょうか。

まとめ

今回は 20代の保険業から転職された方のインタビュー記事にしてみました。不動産業は大変というイメージがついて回りますが、成果を残している人も多い業界です。僕みたいに学歴がなくても、給料欲しい!みたいな人にはぴったりかもしれませんね。笑

-その他, 転職
-,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2020 All Rights Reserved.