その他 転職

不動産営業がきついよ体験談~転職を考える人へ

更新日:

ねぎ主任
こんにちは、大阪の不動産営業です。不動産業への転職を検討している人がいるというのはありがたい事です。やりがいのある仕事だとは思いますが、離職率が高いのもこの業界です。
不動産営業ってしんどいってみんな言うもんね~。
ふど子
ねぎ主任
今回の記事では、不動産営業の仕事を実際にやってみた人に体験談を聞いてみました。

不動産営業のお仕事体験談

飲食業からの転職 30代男性

転職のきっかけは?

以前から不動産業界に興味がありました。それに私は家を売却した経験がありますのでその経験が活かせればと思って不動産業界に転職しました。

不動産営業のやりがいは?

不動産は一件売れると凄い金額になるのはやりがいがあります。特に都内などはもし家が売れた場合は多くのお金が動きます。不動産業界はそういったやりがいがあるのが大変魅力的です。売却できない時はやはりやりがいがないと思ってしまいますので気長にじっくりやる仕事だと思います。この仕事は焦りは禁物です。じっくり前を見てやるお仕事です。

不動産営業のしんどい所は?

不動産業界のしんどい所は、売買がうまく進まない時です。そう言った時はしんどさを感じてしまいます。売買が成立してうまく進めば、高額なお金が入ってきますので不動産関係の仕事は人間関係がとても大事になります。一件売れると知名度が上がりますのでまたその人に頼もうと言う事で他のお客様が支持してくださいます。そういったところがやりがいのあるお仕事です。

旅行業界からの転職 30代女性

転職のきっかけは?

中途採用で正社員の仕事を探していたのですが、不動産業界の求人がたくさんあり、人手不足ですぐに就職できるということだったから

不動産営業のやりがいは?

さまざまな物件を見ることが出来て、家について詳しくなることが出来ます。またかなりお客さんと近い仕事になります。一生住む家を紹介することになりますので、責任が大きいし、大きいお金が動くのでそれだけやりがいがあります。
賃貸はもちろんですが、家の購入になると人生が関わってくるので、喜んでもらえるととても嬉しい気持ちになります。

不動産営業のしんどい所は?

不動産業界は土日が休むことが出来ず、休みが少ないです。また残業がとにかく多いです。営業をするためには、お客さんに合わせる必要がありますので、夜も非常に遅いです。また、常に数字に追われる世界になり、かなり競争もシビアです。
今は誰もが家を持たない思考になっているので、なかなか家なども売りづらいので、しんどいなと感じていました。

証券会社営業からの転職 30代男性

転職のきっかけは?

伸びしろが大きい業界だと思ったからです。これからますます外国人からの投資意欲も盛んになるため、転職を決意しました。

不動産営業のやりがいは?

不動産業に従事することでさまざまな人に出会うことができるという点ではないでしょうか。色々な人が不動産会社の店舗には訪れてきますので、色々と人間関係の幅が広がることになるのです。また、勇気と粘り強さの両方が必要なため、自然と人間としても成長することが期待できます。不動産の営業は「断られてなんぼ」ということがいえるのです。

不動産営業のしんどい所は?

自らの創意工夫が必要というところではないでしょうか。ただ単に待っているだけでは、結果を導くことはできません。不動産業の大きな特徴でもあるのが、とにかく金額が高いということです。私みたいな若者でも、一度に数億円単位の営業をしなければならないこともあります。当然ながら、ある程度の知識や教養も必要です。さまざまなジャンルの話題についていかなければならないため、知識をつけるのもしんどいことです。

サービス業からの転職 40代男性

転職のきっかけは?

取り扱うものが高額で同じものが2つとない不動産なので、やりがいが感じられると思えたから。家に関することが好きだから。

不動産営業のやりがいは?

現在は不動産の賃貸、売買、仲介の全般を手掛ける会社で努めています。
この仕事をする上でのやりがいはたくさんありますが、特に売買で感じることが多いです。具体的にいえば土地を買い、戸建ての間取りを考え、工務店に建築させ、お客様に販売するといった一連の流れで、自分の理想とする間取り・外観の家を建築し、購入するお客様にとても気にっていただいた時にやりがいを強く感じます。
売買以外にも、家探しをされるお客様の希望を叶えることができた時、とても感謝されることでやりがいを感じます。

不動産営業のしんどい所は?

ネットの情報だと思います。最近はお客様自身がネットで物件を見ることが一般的になっています。場合によっては、営業マンよりもお客様の方が詳しい情報を持っていることも多々あります。お客様はピンポイントのエリアの情報を長い間見ていますので、通常の営業マンでは適いません。しかし、そのようなお客様をしっかりと対応しなければならないことがしんどい部分でもあります。
また、最近ではメールで全て完結したがるお客様も増えてきています。お客様の顔が実際には見えないため、本気のお客様か冷やかしなのかわからないので、散々時間をかけ調査しても、結局は連絡が取れなくなってしまったなんてこともよくあります。昔は営業マンの誘導でお客様が動くことも多かったのですが、最近はどんなに営業が情報を与えてもお客様自身で納得しなければ購入しない方も増えてきています。今にAIが主流になって営業が不要な時代がくるかもしれません。

プログラマーからの転職 20代男性

転職のきっかけは?

大島てるのサイトに影響されて、本当に心霊物件が多く存在するのか確認したくて、転職も簡単ということもあり転職しました。

不動産営業のやりがいは?

私の仕事は一般的な「不動産仲介業」です。一般人の方がやってきます。その方々に不動産を紹介します。そんな中にはお金がなくて困っていても親元から離れたいって方々が複数いらっしゃいます。そんな方に格安の物件をしっかりと注意事項などを抑えながらご案内するのが私の生きがいです。ただし、稀に事故物件でもいいので安いの紹介してくれって言われるとドキドキします。

不動産営業のしんどい所は?

不動産業界のしんどいところは複数あります。まずは私は仲介業をしてます。それも担当はそれなりのお金がない人間担当です。
そこで「御覚悟がおありなら訳あり物件」を紹介します。私はこの業界に身を置いて3年以上経過しますが、やはりうちの扱いでそういった物件も回ってきます。そういったところに物件を紹介して「こんなやばいところ紹介しやがって」ならば大丈夫です。

それよりも失踪してしまうかたが過去に存在した時はビビりました。

事務員からの転職 30代女性

転職のきっかけは?

私が不動産業に転職したのは30代の後半の時です。事務員を経た後、好きなデザインの仕事がしたいと思い、思い切って進学をしました。その後、就職活動を行い、ホームページ管理の仕事で不動産業界に転職をしました。 

不動産営業のやりがいは?

私はデザインの勉強を活かし、ホームページでの物件管理の仕事をしました。
しかし、実際にはその仕事はそれほどなく、大半が賃貸物件の案内業務でした。

不動産業で一番多い仕事が物件の案内業務かもしれません。
接客業に慣れていない私は、最初戸惑いましたが、徐々に慣れていきました。

物件を案内するお客様といろいろな話ができるのが、意外と楽しいと思いました。

不動産営業のしんどい所は?

1年で一番忙しいのが3月です。
その為、この時期はかなり忙しく、正直しんどいと思うこともありました。

また、中には契約を交わすには信用性に欠けるお客様もいて、その判断が難しいと思いました。
判断が難しい時には上司に相談することもありました。

中でも一番嫌だった仕事が、家賃未払いの住人の家に行き、支払の催促をすることでした。
場合によっては危険な目に遭う可能性もあり、この仕事だけは最後までとてもしんどいと思いました。

コンビニバイトからの転職 30代男性

転職のきっかけは?

お客さんに絡まれるのが嫌で、それから逃れるためでした。また、ホットスナックなどの調理場でフライヤーの油や洗剤を使って手が荒れるのにも困りました。

不動産営業のやりがいは?

やはり自分のやってきたコンビニの仕事の経験を活かすことであり、事務所の清掃、コピー用紙の補充、書類の整理など、雑用面で役立てたことはうれしい所です。
弁当の買い出しなども、少人数で行っている不動産事務所にとっては重要な仕事であり、誰でもできる簡単な仕事を行っているだけでも感謝されて重宝されるのもやりがいの1つです。

不動産営業のしんどい所は?

大きなお金が動くことに関わるのがストレスになります。簿記を行うのも私の仕事ですが、記入ミスによって所長から叱責を受けるのが非常に怖いです。それでも、そうした緊張感は仕事を辞めたら味わえないので、これは一長一短と割り切るしかありません。
また、チラシの作成やそれをインターネット上に掲載することも私の仕事であるのですが、チラシとしての体裁を持たせるので精一杯な私はよく所長にセンスの無さを指摘されています。

プログラマーからの転職 30代男性

転職のきっかけは?

前職がプログラマーでしたので、その知識や技術を使用して、土地や家屋の計算などに対応出来ると考慮した点です。

不動産営業のやりがいは?

法務局に登記された土地や家屋を電子化して、システム化するために、三角測量法による再計算や、座標軸による位置情報の設定など事務的な作業がメインでしたが、そのおかげで、数学やプログラミングについて能力を高められる点が挙げられます。また、入力システムの効率性を考慮したシステムの改良が出来たことも1つのやりがいでした。

不動産営業のしんどい所は?

営業職ではないとはいえ、お客様に提供する家のことは把握しておく必要があります。また、地道で緻密な作業を要するため、集中力がものをいいます。様々な計算式による再計算をどれに対応させればよいかなど、考えて行動するのがなかなか複雑だった点です。使い慣れないソフトウェアの使用がなれるまでは色々な方々にお世話になりました。

建築会社で現場監督とプランニングからの転職 40代男性

転職のきっかけは?

前職の建築の経験を活かして不動産の営業職で働いていきたと思って、転職をしようと思ったのです。戸建ての住宅ではなくマンションを請け負っている不動産に転職を希望しています。

不動産営業のやりがいは?

不動産で扱っている物件を細かくお客様に伝えることができますので、建設会社から不動産へ転職をしたことは、良かったと思います。最初は仕事に慣れていなかったですが、徐々に私が持っている力を引き出して、転職先で活かすことができたので、一生懸命仕事をすることで、自分を成長させていくことが出来ると思います。やりがいを感じなければ、転職した意味がないような感じがします。

不動産営業のしんどい所は?

不動産業で仕事をしている時にしんどいと感じることは、営業をしているのですが、なかなかすべての物件に関して、契約まで行くことが出来ないということです。契約をした物件に住まれた方からのクレームがあると、自分自身が契約を結んだ物件ですと、大変しんどいと思うこともあります。でもどんな仕事でもしんどいと思うので、我慢する必要があると思います。

-その他, 転職
-, ,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.