その他 転職

20代で不動産業へ転職体験談~パチンコ店員からの転職

更新日:

ねぎ主任
こんにちは、大阪の不動産営業です。不動産業へ興味を持っている人の参考になればと思い、実際に転職された方へインタビューという形で記事にしてみました。

20代男性 パチンコ店員からの不動産転職

不動産業に転職しようとおもったきっかけは?

当時はパチンコ業界も衰退の兆しがかなり強く将来に不安を感じたため、自分の力でお金を生み出すスキルを身につけたかった為、学歴や年齢に関係なく数字が全てを決定する実力社会であり明確な評価基準がある不動産営業の職を選びました。

ねぎ主任
確かに数字がそのまま評価に反映されるというのは不動産業界ならではかもですね。

何を使って不動産業に転職されましたか?

マイナビ・doda

ねぎ主任
不動産転職にもいろいろなサイトがありますが、不動産営業に特化している唯一の求人サイト「いえらぶ不動産転職」を使ってみてもいいですよね。

不動産業のやりがいはなんでしょうか?

私は投資用のマンションの売買仲介を担当しておりますが、お客様はマンションをご売却される方とご購入頂くお客様の双方からご相談・ご依頼を承っております。仲介という性質上、売主様は高く売りたいですし、買主様は安く購入したいという利益が相反する場面も多々ございます。特に売主様はローンを抱えている事が多く中には生活を圧迫している方もいらっしゃいます。そんな中双方と交渉を重ねながら、金額をすり合わせ双方が合意できた時が一番楽しいと感じる瞬間です。物件を手放せて売主様もお喜びになられますし、買主様も目的の物件で予算内であれば当然お喜びになっていただけます。また、買主様側には、物件の管理や購入手続き等をスムーズにする事で、再度購入する際や他の物件の売却の際に私を選んで頂いたときは、この仕事を引き受けて良かったと思えますし、何より給与面でも安定した営業成績に繋がりますので一石二鳥です。またこの業界は、学歴・性別・年齢といったものに縛られる事がなく、結果に応じた歩合給与を得られます。数字さえ上がれば一ヶ月で新卒の年収に相当する給与を得られたり、今まで入った事も無い高級な飲食店や、ブランド品を買うこともできる事が次の営業のモチベーションに繋がります。また不動産業は比較的新規開業のハードルが低い業種です。私の諸先輩方でも独立して成功した方が多々います。この業界は実力次第で会社員として成功することも起業家として成功することも夢見られる業界であること、それが日々のやりがいに繋がっております。

ねぎ主任
数字がモチベーションに繋がる、、というのは営業職の魅力の一つですよね。

不動産業界のしんどい所を教えて下さい。

この業界はの良さの反面ですが、結果が全てであるという所です。どんなに努力していても営業成績が悪ければ上司から叱責され、社内での立場も低くなります、時には年下の後輩に頭を下げて営業スキルの教えを乞うような時も出てきます。そんな時はもちろん給与も低ければ、お休みや休憩時間、昼食の時間すら取りづらくなります。数字が上がってくるまで一瞬足りとも気が抜ける事はありません。また数字が上がっていたとしてもその数字を維持していくためには常に己を高める為の努力をしていかねば維持できません。勤務形態も始業は早く終業も遅い会社が多く、休みもろくに取れない会社が多いです。離職率も高く自分も辞めてしまおうという気持ちに傾きやすくなり一層モチベーションが下がっていく時はこの業界の厳しさを痛感させられます。また業界内では大手は別かもしれませんが、体育会系の方が非常に多く見受けられます。そういった会社でのお酒の席では徹底した上下関係があり、上司・取引先のお酒は断れません。そういった席に慣れ親しんでない方には非常に厳しく指導もされますし中にはそういった空気感に耐えられない人も出てきます。当然パワハラ紛いなミーティングや叱責も多いです。そういった状況を打開するために、終業後の時間を使ったり、休みの日にお客様とお会いして交渉したりする局面は多々あります。それで打開できればまだ良いのですが、状況が変わらない時もあります。時にはそんな状態が何ヶ月も続く時もあります。

ねぎ主任
俗にいうブラックという働き方が多いのは確か、、ですね。

不動産業界に向いている人はこんな人

忍耐力があり、結果に対して素直であり、成果を出すために全てを投げ出せる人が向いていると思います。知識や学力が必要な職業ではありません、数字を出すまで決して諦めることなく誰に対してでも教えを乞う事ができ、その為には自らの時間を惜しまず使える人が成功していると感じます。また、将来独立開業したいと考えている方も向いているかと思います、会社員としてではなく自営で自由に生きてみたいと強く思っていらっしゃる方にとっては不動産業は経験するに値すると思います。また必要になる宅地建物取引士の資格は他の士業系資格との繋がりもあるので、ダブルライセンスも目指せます。あとは純粋にお金が好きな方、お金が欲しいという感情は営業マンとして重要な素質です、ただ楽して儲けたいと考える方は向いてません、お金の為にどんな苦労も努力も惜しまないという方が向いていると思います。

ねぎ主任
将来的な独立、、というのは不動産業をしていれば、皆思っているかもしれません。それなりにキツイですが、稼げる仕事、、という事ですね。

まとめ

今回は 20代のパチンコ店員から転職された方のインタビュー記事にしてみました。不動産業は大変というイメージがついて回りますが、成果を残している人も多い業界です。僕みたいに学歴がなくても、給料欲しい!みたいな人にはぴったりかもしれませんね。笑

-その他, 転職
-,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.