賃貸

同棲のトラブルは金銭問題がNo1?事前の取り決めで回避しよう

投稿日:

結婚に向けての準備期間ともいえる同棲期間は、様々なトラブルが付き物です。いくら好き同士とはいえ、他人同士が一緒に住むことになる訳ですから、色々な問題が起きる事は前提となってきます。

今回の記事では同棲で起こる金銭トラブルについて記事にしてみました。

なぁなぁが一番アカン!同棲の金銭管理

男がお金にだらしないパターンというのはよく聞きますよね。なので、お金の管理をどうするのか?というのは同棲を始めるにあたって一番最初も議題にあがります。

付き合ってた頃のように毎回彼氏がだす。とか、彼女の負担はなし。とか、なんとなぁーくで「この場面は彼氏だな」みたいな感じだと、すぐに価値観の違いでぶつかり合う日が来るかもしれません。

なので最初のルールというが非常に肝心です。

同棲の金銭管理事情

不動産営業マンとしてみてきた、同棲カップルの金銭管理方法をいくつかご紹介します。

太っ腹彼氏大黒柱パターン

このパターンは結婚を見据えて、彼女には専業主婦になって貰おうと彼氏だけの収入で生活してるパターンです。なので、お小遣い制で、彼女がやりくりしているという所ですね、一番結婚生活がリアルな感じもします。

仲良く折半パターン

家賃や光熱費など毎月の固定費を予め計算しておいて、お互いが同額だったり、少し彼氏が多めに負担だったりをして、あとのお金はお互いに自由に使うパターンです。

この定額の他にも、交際する為の費用も折半、貯金する費用も折半。という事であらかじめ金額を決めてしまって、残りは自由という感じですね。収入が同じようなカップルに多い構成です。

彼氏ガッチリパターン

僕もこのパターンだったのですが、意外と家計簿的なものを付けるタイプでして、、おおまかに。笑

ほとんど彼氏の収入でやりくりをしていて、お小遣いというよりは彼女さんに生活費として月に一回まとまったお金を渡すパターンです。彼氏の収入が不明瞭な事が多いですけどね笑

 

最終は二人が納得する形で金銭を管理出来ていればいいと思う訳です。

なんとなく、食費はずっと彼女がご飯作ってるし出してるし、、というまま負担が続くと問題になります。ごはん作ったことない人間って食費がどれくらいかかるかってわからないもんなんですよ。牛丼300円ばっかり食ってる人間は本当に分かりません。笑

同棲でこんな金銭トラブルあるよ!体験談

彼との価値観の違いがよくわかった同棲生活

同棲当事はお互い働いていて結婚も視野に入れての生活をスタートしました。お互いのお給料を合わせて、そこから生活費など出し、余った分は貯金する事にしました。彼は無駄遣いはしない人でしたが、なんでも大量にストックを家に置いておきたいタイプ。お金にそれほど困っていなかったので、何も言いませんでしたが、同棲を初めてすぐに私は転倒してしまい、ひざの骨を骨折してしまいました。全治3ヶ月と言われしばらく働くことができなくなってしまったのです。彼の収入だけでは生活はできないので、一気に私達はお金に困る生活になってしまいました。それでも色々なものを安かったからと大量に買ってくる彼に私は怒りがこみ上げてきてお金で揉めることになってしまいました。

少しの間、貯金で足りない分の生活費を補っていましたが、すぐに貯金もなくなり、私は今の家の家計簿を彼に見せる事にしました。まだ家にストックがあるのに、大量に買ってくる彼。ストックにお金を使わないで、今置かれている状況をわかってほしいと話しました。彼は今まで一人暮らしをしていて、ストックする生活に慣れてしまっていたと話してくれました。それからも、醤油がなくなってきたから、お米がなくなってきたから買おうかと言ってきましたが、まだあるからと説明し買わずになんとか3ヶ月を乗りきりました。

出かけることへの不満

私は過去に彼女と同棲していたことがあったのですが、その彼女が精神的なものが理由で仕事を辞めて自宅療養をしていた頃の話です。必然的に彼女が仕事をしていないということは全ての費用を私が出していたのですが、彼女は自分で使えるお金もなかったために私が仕事が休みになる度にどこかへ出かけようとします。私の価値観からいえば毎回毎回休みになる度にどこかへ出かけることになってしまうと、生活費やスマートフォンの代金、食費などなどへの負担が多くなってしまいギリギリな生活になってしまうため貯金ができなくなってしまいます。しかしながら彼女はいつでも出かけたいという願望から我慢するということができずにいて、私も我慢の限界にきてしまい揉めてしまいました。

解決策としては、結局のところお互いがお互いのことを理解しようとしておらずに自分自身のことでいっぱいいっぱいになってしまったことが1番の原因だという考えにまとまったので、私は彼女の「出かけたい」という気持ちを第一に考え、彼女は彼女なりに毎回お金を出している私に対して「金銭面での出費」を考えるようになったことで何か発言する前に相手のことを考えるようになり、毎回毎回休みの度に出かけるということはなくなりました。

家計と家事の分担で揉めました。

私が同棲を始めた時は、彼氏とは付き合って1年くらいでした。私が彼氏の住んでいる所に引っ越してきた形でした。彼氏は普通に会社員で、私は仕事を辞めて引っ越したので新しくアルバイトを探しました。最初は家計は自分の支払いは自分で、そして光熱費は折半という感じで曖昧に決まりました。私はアルバイトですがフルタイムで出勤していたのですが自然と家事は私が9割位負担していました。最初はいいところ見せたいと、思って家事と仕事をこなしていましたがフルタイムで仕事をして家事をすることが段々と辛くなってきました。家事も全てやって出費も実家にいるときに比べ増え、家事をしていた為、自分の時間も減ってしまってストレスを貯めてしまいました。それが原因で喧嘩も増えてしまいました。

私が、彼氏に家事の負担と家計の負担を見直そうと相談をしました。結果、収入の多い彼氏が20万、少ない私が10万を生活費として私が受け取り、そこから光熱費や家賃や食費などを、私がやりくりすることになりました。余った場合は将来のために貯金することも決めました。その代わりに、通勤時間などが少ない私が家事と家計の、やりくりをすることが決まりました。それをはじめてからお互いに気づかいが増え揉めることも少なくなりました。そして将来のことも考えるようになりました。

家計を全く把握していない彼氏。

私と彼氏は結婚の少し前から同棲を始めました。同棲した当初からお金の事や家事全般は私、稼いで来るのは彼氏と、完全に分担制でした。彼氏はおこずかい制でした。彼氏は同棲前は毎日飲みに行ったり、ブランド物を購入したりと、毎月の給料を全て使い切ってしまう人で、金遣いが荒かったです。話し合い、お互いが納得した上でお小遣い制になったのですが、彼氏がお小遣いで足りるはずがありませんでした。毎月の様に「前借りさせて」と、言います。始めは私も渡してしまって居たのですが、毎月なので「お金が無いなら無いなりに生活するんだよ。タバコを控えるとか酒を控えるとかさ。」と、怒りました。彼氏はその他にも、給料日前のかつかつの時期に「外食に行きたい。」と言ったり、私がおつかいを頼み余分にお金を渡すと、余計な物まで買って来て渡したお金を全て使い切ってしまう人でした。「お金お金あんまり言いたくないけど空気呼んでよ。」と、頻繁にもめておりました。

解決策は、私は家計簿を全て彼氏に見せました。給料はいくら、家賃、光熱費、食費、通信費、保険で月々これだけ出費するから余裕は無いと伝えました。お金を全て私が握っていて、彼氏はお金の事を何も知らなかった為、どれだけギリギリの生活なのか分かって貰おうと思いました。彼氏は、家計に余裕が無い事を理解し、家計簿を見せた後からは前借りをしなくなりました。それどころかお酒を止め、自分のお小遣いをタンス貯金する様になりました。「家計が苦しかったらいつでもタンス貯金使ってね。」と、言ってくれました。彼氏に全ての支出を説明した甲斐があったと思います。

浪費癖の彼が生活を折半なんて許せない

同棲を始めた時に、私は食費や雑費を負担し、彼は家賃や光熱費等を負担する事で同意し、生活を始めました。しかし、お給料日の1週間前になると決まって財布が空っぽになる彼は、毎月愚痴を言うようになったのです。「結婚してる訳じゃないんだから折半でいいんじゃない?」と、そんな事を言い出すようになり、お給料日前になると喧嘩も絶えなくなりました。お金が足りなくなる彼の一番の原因はパチンコとゴルフです。休みといえば朝からゴルフ、雨が降ればパチンコ、といったようにあればあるだけ使ってしまい貯金すらしない有り様なのです。パチンコも増える時もあるとは思いますが、増えたら増えたで仕事帰りにもパチンコに行くので、増えたところでお金が残る事なんかない状況でした。喧嘩の原因は、生活を折半にするべきだという彼と、彼の浪費癖への私の不満とで決着がつかない日々だったのです。

そんな中、私が妊娠をしている事がわかりました。しかし、こんな彼との未来なんかは想像がつかず、彼には別れを告げたある日の事でした。彼が「頼むから産んでくれ。」と、私の実家へ頭を下げに来て、しばらく家族を交えて話をしました。パチンコもゴルフもやめるから、子供を産んで一緒に育てたいというのです。私はそんな簡単な事ではないので、彼を突き放しましたが「せっかく授かった命であり、彼を改心させるのがこの子なのかもしれない」そう背中を押してくれた父の言葉で、彼と結婚し子供を産みました。それから10年経ち、彼は昔の事が嘘のようなくらい家族思いの子煩悩な父親になりました。今思えば、彼にとっては何でもいいから夢中になれるものがあればいいだけの人だったのかな?、そう思える今日この頃です。

「出張」の言葉を聞くのがストレス

彼は社外の方との打合せのため国内出張が多いのですが、金曜日に出張が重なるとほぼ毎回自腹でもう一泊し、観光してから帰ってきます。会社と出張先の交通費は会社持ちですが、宿泊代が無駄に一泊分かかるのです。もちろん観光もタダではないですよね。お土産や食事代もかかります。宿泊費と食事代等で3万円程かかります。結婚資金を貯める前ならあまり気になりませんでしたが、両家の挨拶を済ませ結婚が現実的になっている今、彼の行動が信じられません。少しの間様子をみておりましたが、一向に改善がみられず、堪忍袋の緒が切れて、話し合いというよりは私が一方的に爆発してしまいました。「自覚が足りない!婚約破棄してやる!」とまで言い放ち、その日は家を出たまま帰りませんでした。

1日半ほど彼と離れた事で私の怒りも落ち着き冷静になれました。彼もその間かなり反省したようで私に何度も連絡やメールを送ってくれました。彼にとって知らない土地などを観光する事は仕事のリフレッシュでもあるので、一切禁止にすることはかわいそうです。でも、今やるべきことは結婚資金を貯める事。彼はそれを自分で気づけたようで、リフレッシュする方法を変えててみようと考えているようです。今は体を動かすことに楽しさを感じているようです。もしかするとまた揉めるかもしれませんし、どうなるかわかりませんが、彼なりに私のために考えてくれているようなのでその意思は汲んで理解してあげようと思います。

一緒にいる時間を作ることにしました

私は昔からスロットや競馬といったギャンブルが大好きです。負けることはほとんど無く、年間トータルでは結構な額を稼いでいます。勝った時は彼女にプレゼントを買ったりしているのですが、ギャンブルで稼いだお金で買ったプレゼントなんて嬉しくないと言われます。平日は仕事帰りにスロットに行くので問題ありませんが、土日に競馬場に行く時は必ず文句を言われて大喧嘩になります。ギャンブルで稼がなくても、私の給料だけで充分生活は出来るのですが、好きでやっているので全然やめる気になりません。同棲する前はもっと自由にお金を使えたし、好きなだけギャンブルを出来たのですが、同棲を始めてからは文句ばっかり言われるので、何で同棲なんて始めたのかと後悔しました。

彼女と真剣に話をしました。すると彼女はお金なんて要らないから一緒にいる時間が欲しいと言ってきたんです。考えてみれば、同棲してからも一緒にいる時間はあまりありませんでした。ただ私もギャンブルをやめるつもりはありません。そこでスロットも競馬も一緒に行くことにしました。それ以来、彼女の機嫌は凄く良くなったのですが、私が勝った分、彼女が負けてしまうので、金銭的に以前ほどの余裕が無くなってしまいました。それでも気分良くギャンブルを楽しめるので、しばらくはこんな感じで続けていこうかと思います。

話し合おう同棲前にお金のことを

同棲する前に何も約束も決めないまま、してしまい、結果的に、食費、日用品は私が支払いそれ以外は彼で、デートの際は、分割しておりました。お互いの支払う費用が、私の方が多いこと、そして会社の役職などで私よりも上で給料もある彼はそれを知ってか、知らずにいてかそのまま議案に出さないまま月日を経てしまい、私が、滅入ってしまいました。常にお金の計算をして管理をしなければいけないほど気持ち的に追い込まれていたことも一理あります。お金の問題は、同棲と言えど他人と一緒に暮らす事なので、不安はありましたが、やはりかと痛感した出来事でした。彼自身は、二人で暮らす際にかかる費用を分かっておらず、一人で暮らしていた時の費用で換算していたように思います。同棲によっても、通帳は一緒ではありませんし、だからこそ、お金の管理ややり取りはコミュニケーションの一環として一言でも交わすべきでした。

事前にかかる費用を大まかに伝え、お金の分担をきっちり決められたらよかったなと思います。事前の話し合いはお金だけでなく同棲において不安に思っていることがあればすごく大切だと思います。いざ同棲してしまうと言いずらくなってしまうので、その場のノリでやりすごせる方もいますが、事前に約束事を決めて一緒に暮らすこと、それにおいてのコミュニケーションを充分にとる事が必要でした。全く何も分からない状態でいきなり二人で生活というのもこわいので、聞づらいですが相手の懐事情も知っておく機会が必要かもしれません。

私と正反対のお金の使い方をする彼

元々、彼とは結婚を考えていて、結婚資金を貯めるために同棲し始めました。彼がお金の管理は大の苦手だというので、お金の管理が得意な私が、彼と自分の分のお金を管理していました。まず衝撃を受けたのが、社会人3年目で貯金がほぼゼロ。加えてクレジットのリボ払いが20万残っている状態でした。薄給でそれなら仕方ないと思いますが、彼のお給料で貯金ゼロは信じられませんでした。私も貯金は少なかったけど彼よりはあったし、彼とはお給料が全く違います。彼は家賃補助などもでて福利厚生もしっかりした会社、一方私は拘束時間が長く休みも少ない上に残業代なんてものは出ず、お給料も手取りで13万あるかないかでした。そんな私でも貯金をしているのになんで?と呆れてしまうほどでした。次に驚いたのは、彼が自分が何にお金を使っているのか全く把握していないことです。財布にお金が入ってるから使う、足りなければクレジットを使う。クレジットはリボ払い。私からしたらとんでもないお金の使い方です。携帯代に月3万も払っていて、それに対してなんの疑問も持たずに1年以上払い続けていたのにはさすがにため息が出ました。育った環境もあるし、お金の使い方は大人になってからそうそう直るものでは無いし、私も根気強く向き合っていました。でも、毎月お金を下ろしに行く度に、本当ならあるはずのお金が無いんです。彼がキャッシュカードでどんどんおろしてしまっていたからです。引き落とし分のお金が足りずに私の貯金を崩したこともあります。何度言っても治らない彼の姿を見て、私も気持ちがサーッとひいてしまい、私が爆発して初めて、本当にやばいやつだ····直さなきゃと彼が焦り始めました。でも時すでに遅し。私が彼とは結婚出来ないと思ってしまいました。

まずは、私がどうやってお金を管理しているのか、何にどれだけお金を使っているのかを彼に知ってもらうところから始めました。それから、コンビニでこまめにキャッシュカードでお金を下ろすのは、私がお金を管理できなくなるし手数料が勿体ないからやめて欲しいと伝えました。クレジットカードも、使うならその分を通帳に入れて欲しいと伝えました。現金が目の前で動かないだけで、クレジットカードは現金と一緒だよと何度も言って聞かせました。ただ、結婚するならちゃんと自分で気づいて欲しくて、変わって欲しくて、クレジットカード(キャッシュカードも一体になったもの)は彼が自分で預かって欲しいと言ってくるまで待っていました。私が強制的に預かることも出来たけど、それじゃ意味が無いと思ったからです。結局、私が我慢の限界になって初めて、俺持ってると使っちゃうから預かって欲しいと言われました。私はもう結婚する気持ちが冷めてしまっていたので、今更言っても遅いよ。もっと早く気づいて欲しかった。と伝えました。結局彼の転勤で同棲解消しました。

金銭感覚があわない彼氏と破局

私は彼氏と同棲していた時期がありました。お金で揉めた原因は彼氏が私のお金と自分のお金を一緒にしようとしたからです。私は自分で稼いだお金は自分ので彼氏が稼いだお金は彼氏のというようにしたかったのですが彼氏はそれが嫌だったらしくお金を一緒にされました。食材を買ったり生活に必要なものを買うなら分かるのですが自分の趣味のものを買うのにも私のお金を使っていました。さすがにそれは自分のお金を使ってほしいなと思いました。私はもともとお金に関してはしっかりとしていたい性格なので彼氏とは合わなかったみたいです。自分の洋服とか趣味で集めているものとかゲームセンターで遊ぶお金とかも私のお金を使っていたので有り得ないなと感じていました。そのことでしょっちゅう彼氏とは揉めていました。

私は自分で稼いだお金を黙って勝手に使われているという事がもう許せなくて彼氏と一緒に生活しているのが嫌になりました。なのでもう彼氏とは別れてもいいと思ったので思いきって別れ話をしました。そのときに何で別れたいのか理由を聞かれたから金銭感覚が合わないと話をしました。そうしたら彼氏も納得してくれて別れることができました。私は彼氏とは4年間付き合っていたけど別れて後悔はまったくありませんでした。むしろこれからは自分のお金を好きなように使えるようになるので嬉しかったです。

-賃貸
-, , ,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.