豆知識

管理業務主任者とマンション管理士

更新日:

 

不動産屋の資格と言えば、宅地建物取引士は有名ですよね。

じゃ、取引士の資格を取った人は次になにを取ろうかなーとなる事が多いわけです。

ファイナンシャルプランナーや、ローンアドバイザー、難しい所だと不動産鑑定士なんかもあります。

今回は取引士の次に取得している人が多いと思われる管理業務主任者について書きます。ちなみに筆者はマンション管理士は落ちて管理業務主任者は取得してます。

資格の違い

宅地建物取引士と、管理業務主任者、マンション管理はどう違うのでしょうか?それぞれの違いを書いてみました。

・宅地建物取引士

  • 不動産の契約ごとに関するエキスパート、主に借地借家法、不動産の業法に関して熟知している。
  • 合格率15%程度
  • 不動産屋を経営するにあたり、従業員の5人に1人は取引士を配置しなければならない。
  • 不動産の契約時に行われる重要事項説明は有資格者でないとできない。

・管理業務主任者

  • 区分所有(分譲)マンション管理のエキスパート。区分所有法、マンションの権利関係に熟知している。
  • 合格率20%程度
  • マンションの管理業をするにあたり30組合につき一人の有資格者を配置しなければならない
  • マンション管理の契約において行われる重要事項説明は有資格者でないとできない。

・マンション管理士

  • 区分所有マンション(分譲)管理のエキスパート。区分所有法、マンションの権利関係に熟知している。
  • 合格率7-8%程度
  • 管理業務主任者をもっと深く掘り下げたような出題ないよう。
  • マンションに関しての弁護士。みたいな立ち位置を目指してるのだと思われる、、が実際にこの資格だけで仕事デキている人はいないだろうと推測

 

取引士と管理業務主任者は事務所に配置が必須なので、不動産業界の中では重宝される事が多いです。また別途資格手当なんかも出ます。

 

筆者も数年前に管理業務主任者は取りましたが区分所有マンション全体の管理業をしてないので、名刺に箔がついた。くらいの感じです。権利関係、設備にかんしても勉強する事があったので、取って損はないですが、不動産の仲介をする身分だと忙しい中、勉強をしてまで、取る資格ではないという感じですかね。

出題範囲は被っている

不動産の国家資格試験は秋に集中しています。民法はどの試験にも3-4割近く配点があるので、一緒に受験するには持ってこいです。

特に管理業務主任者とマンション管理士は7-8割方の内容が一緒だと思って貰って間違いありません。

マンション管理士の方が出題内容が細かい為、合格率に差が出ているといった印象です。まぁ。。落ちてる僕が言うのもアレなんですけど。。

-豆知識
-, , ,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.