賃貸 間取設備について

マンションの間取りの違いを解説

更新日:

不動産の間取りの標記って英語で略される事が多いですけど、意外と意味を知らなかったりしますよね。地域によって若干の差があるようですが、代表的な見方を紹介します。

間取表記はザックリ?

間取表記に決まったルールがわる訳ではありません。なので、同じLDKだったとしても、家主さんや不動産屋によって、感覚が違う事があります。

K

キッチンがある場所。帖数的には2-3帖程度

DK

キッチンがあり、ダイニングテーブルが置けるくらいのスペース。帖数は4-6帖程度

LDK

キッチンがあり、ダイニングテーブルが置けてリビングスペースが確保できる広さ。8帖以上

上の標記にプラス、頭に数字がついて間取り標記になります。

2Kだと、2つの部屋に1つのキッチン

2DKだと、2つの部屋に、少し広めのキッチン

3LDKだと、3つの部屋にそこそこ広い、キッチンがあるんだな。と解釈できる訳です。

S

たまに、3LDK+Sという感じでSが登場する事がありますが、これは納戸スペースという意味合いで使う事が多いです。広めの収納ですね。もっと、細かくいうと、部屋くらいの広さはあるけど、法的に居住スペースと表記できない場合に使われたりします。(換気設備がなかったり、天井が低かったりなど)

平米数と間取り標記で目安がつく

少し間取り図面をみる目が養われてくると(養っても意味はないけど。笑)平米数と間取り図面である程度、図面が分かります。

2LDK、3LDKと違いはあっても同じ60㎡という事はよくある事です。この場合リビングがどれくらい広いのか?という事になる訳ですね。

1LDK,2DKな40㎡

1Kなら20-25㎡という感じである程度目星が付けれます。

体感の平米数はわりと正確

部屋に入った時に「この部屋広いな」ってなるのは間取りの数より平米数が大きい方が感じやすいです。

例えば3LDKで55㎡の部屋より、2LDKで60㎡の方が広く感じます。当たり前の事ですが、笑

なので、平米数で部屋を探す、というのも一つの手ですね。

-賃貸, 間取設備について
-, , ,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.