営業について 賃貸

賃貸で仲介手数料を値切る3つの方法

更新日:

仲介手数料って、不動産屋によって、金額が違ったりして、無くなれば嬉しいのになぁ。。って思いませんか?

当社は仲介手数料無料ですが、既に契約進んじゃってるし~今からでも仲介手数料を値切りたい!という人は読んでみて下さい。

参考→仲介手数料ってなんだろう?

もっと深く→仲介手数料を値切る交渉術を現役の不動産営業が暴露

仲介手数料は任意の金額

仲介手数料は最大家賃の1ヵ月までと決まっていますが、最大の為、満額を請求しなくてもいいんです。

なので、交渉次第では減額に応じてくれる可能性は十分にあると言えます。

会社の方針で、「絶対満額取れ」という所もありますが、極論を言えば、別の所から申込をすればいいだけの話で、それくらいドライな気持ちで交渉に臨みましょう。

何も言わなければ、当たり前のように1ヵ月払う事になる

一部の「仲介手数料半月!」などの広告を出している不動産業者以外は、契約時に当たり前のように仲介手数料1か月分を請求してきます。お客さんの方も断りにくい心理って必ずありますよね。そこをついてきます。

あえて、説明せずに、請求してくるかんじですね。もう決定事項なので払って下さい。と言わんばかりの態度です。

でも、正直この時代に、満額取れたらラッキーと思ってる不動産屋も少ないと思います。お客さんの方もある程度知識がある時代なので、仲介手数料がまけれる、という事は重々承知なのです。言えるか言えないか、だけの問題なので、不動産屋としては「言わせる機会をつくらないが最大の目標になります」。

一番いいのは、相見積もりの話をする

部屋探しする時に、何社か不動産屋を回ってる方も多いと思います。A社、B社、C社と周り、なんとなくタイミングがあったのでA社から申込をすることになりました。手数料は1ヶ月です。ただ、その後B社から連絡があり、話をすると「その物件、当社からからだと仲介手数料半月でいけますよ」なんて言われるじゃありませんか。10万の家賃だと5万円も差がでる事になりますよね。不動産屋側は広告料が存在しているので、手数料を多少負けても売り上げはたつんですね。

一番嫌なのは他社から申込されること。

なのでそれを正直に話すればいいんです。(なんなら作り話でもOKです)

A社に「実は別の不動産屋から連絡が入って、同じ物件を安くしてくれそうで、、。」と。

A社はあわてて、仲介手数料の値引き交渉をしてくれます。

手持ちがない事を素直にいう

このパターンは、お金ないから協力してよ~っていう話です。「契約のお金の見積もり金額をみたら、思っていたより高かったので、用意が出来ない。」と伝えます。上記でも書いた通り、不動産屋は契約が取れない事が一番困るので「では、いくら足りないんですか?仲介手数料はまけるので頑張って貰えませんか?」となりがちです。

仲介手数料の広告について話す

今や、仲介手数料、半額、無料というCMや広告、不動産屋の看板は町の至る所にあります。それを例に出して、「あそこで半額って書いてあるけど、御社では無理なんですか?」という感じで話を切り出しましょう。

もしくは少しとぼけたフリをして「御社も仲介手数料半月分だと思ってました~テヘペロ。」みたいな感じで話をしてもいいかもしれません。

不動産屋は契約が取れないのが一番嫌

何度も書いてますが、契約が成立しないと不動産屋は売り上げになりません。まずは、契約が成立する事が一番なのです。なので、仲介手数料は多少まけてもいいかな、、と思っている営業マンは多いハズです。そこを上手くりようして自分優位の交渉をして下さい。

もっと深く→仲介手数料を値切る交渉術を現役の不動産営業が暴露

 

-営業について, 賃貸
-, ,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.