大島てる

大島てるの事故物件サイトはどうなの?信憑性はあるの?

更新日:

 

いまや、事故物件と言えば「大島てる」というサイトという事でピンと来る方は多いのではないでしょうか。

全国各地で今日も事故物件となりえる事件事故が起きてますよね。それをまとめているというのが大島てるというサイトです。一般ユーザーからも書き込み可能で、自分が契約した部屋が載ってないかな~なんて、確認したくもなりますね。

 

大島てるの実態

不動産営業をしているとお客さんとの話で「事故物件」って実際存在するんですか?と聞かれる事はよくあります。

もちろん、存在しますし、案内だって何度もした事があります。また事故物件すなわち、心理的瑕疵と呼ばれる物件は都会であれば、あるほどに、その辺にゴロゴロある訳です。

そんな内容を集約している、このサイトですが、日付、内容なども事細かに記されている事もあり生々しい記事がいくつも出てきます。自分が住む所が、殺人があった。となると普通は嫌ですよね。

僕らも見る事はありますし、お客さんと一緒に見たりする事もあります。

事故物件の相場は?



大島てるの信憑性

このサイトを注意深く見ると、本当っぽいな~っていう記事と、っていう事を聞きました。みたいな明らかに噂レベルの記事が多い事に気づきます。一般ユーザーからの書き込み可能と言う事は即ち誰でも書き込めるわけです。

中には、不動産営業マンの方が言ってました。という内容を見かけます。不動産営業マンの言うことほど信憑性の低い言葉はありません。

おとり広告だったり、決めて欲しくない物件だったりすると、わざと「それ事故物件で、こうゆう事件があったんですよ~」なんて作り話をしょっちゅうします。これを聞いたお客さんが、よし来た!とばかりにサイトに書き込みする訳ですね。

このサイトを見ると、そういった書き込みをよく見かけます。

心理的瑕疵の定義

事故物件の定義というのは凄く曖昧な線引きなんです。精神的に嫌と思ったら心理的瑕疵に該当すると思われますが、それが人によって違う訳なんですよね。

極端に言うと、前の人が室内で脱糞してた。みたいな話でも人によっては心理的瑕疵になる可能性があるという事です。

 

僕のお客さんでも、契約後に「大島てる」のサイトをみて、明らかに作り話であった内容を鵜呑みにし、キャンセル寸前までいった事があります。

キャンセルされる事自体は別の物件を探せばいいだけなので、営業マンとしては仕事と割り切れるのですが、本当に何もない物件を何かあると信じてキャンセルされるというのは、正直悔しい所ではあります。一番気に入った物件を、嘘の情報でキャンセルする。という事です。使い方を間違ってしまうと、損な契約をしないといけなくなります。

 



大阪の事故物件

大阪、特に市内という事でいえば築20年以上たっているような建物は何かしらの心理的瑕疵がある可能性が高いです。エントランスで殺人が部屋で孤独死をしていた、屋上から飛び降りがあった。などなど、細かい事を言えばきりがありません。

もっと、言うと、大阪市は昔「大阪冬夏の陣」て沢山の死者も出ています。笑

 

どのレベルを事故物件と呼んでいいのか判断が難しいですが、ご自分の契約する部屋の情報が気になる人はやはり、近隣への聞き込み、またはネットでマンション名を検索してみる。という方法が一番信憑性が高いかもしれません。まー、、事件があったりするとマンション名を変更する事もしばしばあるのですが、、ね。汗

 

 

-大島てる
-, ,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.