契約について 賃貸

賃貸でペットトラブル!内緒で契約違反?ヘビやウサギ、小鳥の飼育は?

ねぎ主任
ここ数年、ペットブームもあり、ペット可というマンションも増えてきました。 これからペットを飼いたい。という人はまずは契約書をよく読んで内容を把握して下さい。

ペット不可の物件では絶対飼育しちゃダメ

ペット可物件が増えたからと言って、全体の数からすれば、ペット可の物件は10分の1以下になると思います。

ペット不可の物件と言うのは、単純にペットが不可。という意味もありますが、ペットアレルギーの人があえてペット不可を選んでいる可能性もあります。

なのでペット不可の物件でペットを飼うのはやめましょう。

強制退去や損害賠償の問題になりかねないという訳です。

ペット可の物件でペットを申告するかどうか

ペット可の物件は、基本的に契約時や飼育開始時に、「ペットを飼います!」という申請をする事になります。

これは、どの入居者がペットを飼育しているか?というのを把握したい家主や管理会社の意向もありますが、ペットを飼うときは条件UPという事で契約したいからでもあります。退去の時にトラブルになりがちですからね、、ペットは好き勝手に部屋を汚す傾向にあるので。。笑

家賃が少しUPしたり、礼金を積んで貰ったりするのが一般的です。

契約者としては少しでも費用を抑えたいので、出来れば申告をせずにペットを飼育したいと思われるでしょう。

これに関して不動産営業マンとしてアドバイスは、、出来ません。笑

もうピーーーーーーーとしか言えません。笑

完全な自己責任と考えておいた方がいいでしょう。

ペット飼育するならしつけ等をきちんとしてマンション内の住人に迷惑をかけずに住んでいただけたらと思います。



小動物を賃貸で飼うためには

お部屋探しとしていると、たまに、爬虫類や小型動物の飼育をしている方がいらっしゃいます。

新しく契約する部屋はペット可の所の方がいいのか、ある程度許容されているものなのか、分からない所ですよね。

動物と楽しく暮らすためにも小動物に関しての最善の部屋探しはどうすればいいのでしょうか?

小動物:ヘビ、ウサギ、ハムスター、小鳥などの飼育はOK?

最重要事項としては、まずは契約書を確認することです。

ペット不可、可の文言が入っています。

もちろん、ペット可のマンションであれば申告して、承認を貰い、通常通り賃貸契約を結べばいいかと思います。ただ、ヘビなど爬虫類などは好き嫌いがあるので、中には犬はいいけど、ヘビはだめ!なんて所もあるかもしれませんね。

音が出なければ大丈夫?

小型の飼育動物は基本的には鳴き声など音が出ない事が多いので、バレにくいという側面があります。

賃貸契約中はよっぽどの事でない限り、室内に入られる事もないですので、通常であれば、内緒で買う事も可能でしょう。

ヘビ、ハムスター、ウサギに関しては、ペット不可のマンションで内緒にして飼っている方が多いという現実もあります。

また鳥などは、鳴き声が多少出ると思いますが、近隣の様子を見ながら飼うというのが大事になってくるかもしれません。

 

最終的には家主や管理会社の判断にはなりますが、例えば、当社が管理しているペット不可マンションで小型動物の飼育している事がわかった場合は、心証は悪いですが、契約解除までの事由にはならないと思います。

ただ、今後なにかしらの不具合があった場合には、多少の譲歩をお願いするかもしれません。

臭いが出る

特に哺乳類系の動物は糞尿の臭いが出やすいです。

鳴き声がうるさい

小鳥などは留守の間にも鳴き続けている可能性があります。

窓から見えている

ヘビなどは目にも入れたくない。という人も多いです。窓の近くで飼育していると共有部分が見えてしまう。という事がありえるかもしれません。

 

小動物は犬や猫のようにアレルギーで他の住民に迷惑をかける、鳴き声がうるさ過ぎて迷惑をかけるという事がないので、緊急性がなく、実際にトラブルにならないと明るみに出ないことが多いようです。

なので、実際の所は所有者の黙認状態で飼育している人が多いという現状でしょうか。



まずは契約書を確認

ともあれ、物件によってはペット不可の文言をきつめに入れている事もあります。

犬猫のみにかかわらず、全ての動物を禁止!という事で入っている事もあります。こういった文言に違法性はもちろんないので、内緒で飼っていた場合は最悪、強制退去にもなりかねません。

 

出来る事なら、まずは、小型動物の飼育を希望しているという事を所有者が管理会社に相談するのがベストです。

マル秘の上手な言い方は、、

本当は既に飼っていたとしても、入居後に飼いたいんですが、可能ですか?という事で探りをいれます。笑

ここからの返事で飼えそうかどうかというのを判断して、入居するかどうか、、というを検討していくのもいいかもしれません。

 

賃貸でペット犬猫可の物件を探すのは難しい?

ネットなどの賃貸サイトで「ペット可」と言れると極端に物件数が減るというのは、誰でも味わっていると思います。不動産営業としても、ペット可というのうは非常に物件が少ないんだなぁと思っています。感覚的には100件中10件くらいでしょうか。

この10件の中から実際に気に入りそうな間取りや設備を吟味していくと、探してる範囲ないでは該当しそうなものが1-2件しか残ってなかったとなる事はよくある話です。

猫が飼育OKとなるとさらに。。

ペット飼育の中ではさらに困難を極めるのが猫が飼える物件です。ペット可というのは、犬のみを指していることが多く、猫は不可となっている場合が多いんですね。

猫はご存知の通り、室内で爪とぎをしたりと部屋を汚す名手です。この辺りからも、敬遠されがちな部分はあります。猫可にしている所の多くは家主さんが猫好きとか、、、そういった理由が多かったりもします。

ペット飼う時は条件変更を頭に入れておこう。

実際にペットを飼う時は、条件が上がるという事を頭に入れておきましょう。

家賃が 3000円UPしたり 礼金が10万円アップする。保証会社のいいプランに入ってくれと言われて割高な物になってしまうなど、条件の面では譲歩をせざる負えない部分が多いように思います。

ペットを飼う時は原状回復にも要注意

さて、ペットを飼うときに一番注意をしないといけないのが、原状回復に関する特約です。ペットがやったものはちゃんと原状回復してね。という文章は契約書には必ずといっていいほどに載ってきます。また汚れはなくても臭いがある場合は対処してね。という文言もあったりします。臭いに関してはわかりにくい部分ではあるので、契約者としてはちゃんとやったつもりでも、家主からすれば、、まだ臭いがするなぁ。。となるケースは多いです。

またペットを飼う場合は、損耗に関わらず全て実費で新品状態にして下さい。となっているケースもあります。

ペット飼育トラブル体験談

ではここからは実際の賃貸であったトラブルをきいてみましょう。

エレベーター内での糞尿被害!

私が住んでいる賃貸マンションでは小型犬までの飼育が認められています。私自身もハムスターを飼っているので、動物を飼っている人には寛容なつもりです。それでも、許せないのが糞尿の始末です。ペットを飼う以上最低限のマナーだと思いますが守れていない人が多すぎると感じています。
先日仕事から帰りクタクタな状態でエレベーターに乗った時、異臭に気が付きました。ふと見ると、エレベーターの隅に犬の糞がそのまま放置されていたのです!それも、乾いた状態ではなくまさに今、排泄された状態のものでした。疲れていたこともあり、私の怒りは頂点に達しました。ですが、夜遅かったこともあり、管理会社にも連絡ができず、どこの住人かもわからずイライラした気持ちのまま一夜を過ごしました。
それから数日後、ある住人が犬を連れてエレベーターを出た後にまた犬の糞がエレベーター内に残っていました。確実にあの住人が犯人だと思い、管理会社に通報しました。どうやら他の住人が直接その住人に文句を言いに行ったこともあり、その住人は犬とともにマンションを去っていきました。
ペットを賃貸マンションで飼うならきちんとマナーを守ってほしいと思います。

賃貸マンションのペットが発生させた騒音について

私は賃貸マンションに住んでいて騒音の被害を受けていました。具体的にはペット可の賃貸マンションに住んでいました。それで犬の鳴き声で騒音が酷いと感じました。
ある時に夜中に犬の鳴き声で起きたことがあります。それで鳴き声が1時間くらいは続いていました。眠れなかったので賃貸マンションの管理者に連絡をしました。
その後はペットを飼っている住人が管理人から注意を受けました。私はその内容を聞いて当然の結果だと思いました。
また驚いたのが騒音を発生させた飼い主が規約違反をしていたことです。具体的にはペット飼育の許可証を発行してもらっていないのに、部屋で犬を複数飼っていたということでした。私はその話を管理人から聞いて違約金のことを知りました。
最終的にはペットを飼っていた飼い主が高額な違約金を支払ったということです。賃貸マンションでのペット飼育は危険が多く迷惑だと思いました。

衝撃の事件

私はペットを飼っている人だけが住むアパートに、住んでいました。ペット専用のアパートのため、ペットの足を洗う場所やリードなしで遊ばせることができるドッグランが完備されており住みやすい環境でした。ある日、となりの部屋にシベリアンハスキーと飼い主が引っ越してきました。環境になれていないせいか、飼い主がいない時間ずっと吠えていました。隣の犬が吠え始めると、つられてうちの犬まで吠えはじめとても困りました。うちの犬を注意しつつ、隣の犬が環境になれて吠えなくなるのを待つしかありませんでした。夕方散歩に行こうと部屋を出たところ、となりの犬も散歩の時間だったようで部屋から出てきました。一瞬の事でした。気が付いたときには、となりの犬にうちの犬が噛まれていました。うちの犬は小型犬なので、大きな犬に噛まれ驚きのあまり身動きがとれません。まさか噛みついてくると思っておらず、シベリアンハスキーの飼い主も驚いたようです。幸いけがは軽く治療代や慰謝料も支払ってくれたので解決しましたが、今でもこの時の事件が忘れられません。

要注意!まさかベランダを飛び越えるねこ!?

それは、まだ飼いたてのころの話なのですが、洗濯を干しているときにたまたまねこもベランダにだしていたのですが、洗濯が終わり、洗濯かごを置きに家の中に入って、そういえば、お風呂掃除も、食器洗いもなどいろいろ家事をしていたんです。そうしていたら、ドンとなにか音がしたと思いベランダをのぞいてみると、あれ?ねこがどこにもいないのです。探してもいなくて、ベランダには隣同士の壁はありますが、上のほうをみると猫が入れるくらいの隙間があるんです。もしやと思い、隣近所を訪ねてみると、音鳴りさんのベランダにねこが侵入していたのです。ああ、まずいと思い、すぐにお隣の方にピンポンし、平謝りして、ねこを捕まえて戻りました。これは謝るだけではまずいと思い、菓子折りをもってもう一度謝るのと同時に、家族全体のきまりとして、ベランダにねこを出すときは家の中にねこが入るまで絶対に見守るという決まりまでできました。

ペット不可のマンションで

ペット不可の賃貸マンションでのトラブルです。ある日隣に引っ越してきた外国人家族。話し声から言葉は英語ではなく引っ越しの挨拶もなかったためどういう人たちかまったく分かりませんでした。コミュニケーションもなく数日経ったときその部屋から猫の鳴き声が。テレビか何かかと思ったけどその日から毎日猫の声がする状態。猫を飼っていると思いましたがわたしは管理会社へは言いませんでした。

管理会社へ言わなかったのは猫がかわいそうだから。その猫が捨てられたらと考えると告げ口する気になれずしばらく放置していました。しばらくして猫の鳴き声が聞こえなくなり、その頃からその家族ににらまれたり壁をどんどんと叩かれるようになって管理会社に相談しました。猫のことを他の住民が通報したようでそれを勘違いされているんじゃないかとのこと。管理会社からの注意で嫌がらせはなくなりました。

賃貸アパート、ペットトラブル

私は以前まで別のペット可の賃貸アパートに住んでおりました。ですが、賃料が安いせいかペットを飼っていない入居者もたくさんいました。そのせいか、騒音、犬の声がうるさいの警告文がポストに入れられていたのです。もちろんペットは可です。ですが、犬を飼っているのはおそらく私を含め3家庭程度。

規約違反をしているわけではないのに。犬だってうるさくしたくて鳴いているわけじゃない。可愛い愛犬がすごく邪険に扱われ悪者にされていて辛かったです。そこから数ヶ月後、同じくペット可のアパートへ引越しをしました。

現在は恵まれておりまして、それからはペット関係のトラブルは一切ありません。夜中にしょっちゅう鳴き声は聞こえてきますが、お互い様。理解があってこそ賃貸アパートに住めると思います。人間だけでなく、ペットが住みやすい環境を見つけたいですね。これからはストレスフリーで、愛犬とゆっくり暮らしたいと思います。

ペットの飼えるアパートを探して

前に団地でフェレットを飼っていたんですが、ペット禁止のルールを知りませんでした。注意されて、新しくアパートを探したのですが、ペット可の物件で安いものはなかなかなく、私は1人暮らしなので、1Kくらいでいいのに、1Kではなかなかないですよと言われ、ファミリータイプの物件ばかり紹介されました。どうしようかと悩んでいましたが、これはもう直接物件のオーナーと掛け合うしかないと思い、ペットOKとは書いていないけれど、ペットNGの表記のない物件で、良さそうなものを、不動産屋に言って、オーナーに直接大丈夫かどうか聞いてほしい、掛け合ってほしいと注文しました。どこもやはり「う~ん」みたいな反応で、確かにペットNG表記はしていないけれど、わかるだろ・・・みたいな感じでした。でも根気強く探して、嫌な顔をされながらも交渉してもらい、なんと駅近くの2DKでしたが、安めの物件で2階の1室なら、本来はペットNG物件だけど、大丈夫ですよ、と許可をもらえました。そのかわり敷金は3か月分払ってねと言われましたが、住めるんならOK!的な感じで、結果駅近くの広くて安い物件に、フェレットと今も住んでいます。

ペット禁止物件での飼育に関して。

私は猫を飼っており、以前入居していたマンションがペット不可でした。おとなしい猫なので問題はなかったのと、住んでみると隣人で犬の鳴き声が結構聞こえたので結構内緒で飼っている人が多かったです。基本的に室内なので、特に外に出すことはなかったのとでバレることはありませんでしたが、近隣の犬の泣き声で猫が驚いてしまうことが結構ありました。特に防音でもなかったので私は気になりませんでしたが、神経質な猫は過敏に反応してしまいました。数ヶ月住むと、環境に慣れたのか特に驚いた様な素振りはなかったです。トラブルは1階のベランダでたまに日向ぼっこをしていたのですが、一度だ隣の部屋のベランダに行ってしまったことです。探してもなかったので心配になりましたが、隣に入居されている方が知らせてくれたのでよかったです。その方も実は猫を飼っていたの理科がある方でした。

-契約について, 賃貸
-, , ,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2020 All Rights Reserved.