契約について 賃貸

ペット不可賃貸で蛇、ウサギ、小鳥の飼育は可能??

更新日:

お部屋探しとしていると、たまに、爬虫類や小型動物の飼育をしている方がいらっしゃいます。

新しく契約する部屋はペット可の所の方がいいのか、ある程度許容されているものなのか、分からない所ですよね。

動物と楽しく暮らすためにも小動物に関しての最善の部屋探しはどうすればいいのでしょうか?

小動物:ヘビ、ウサギ、ハムスター、小鳥など

小動物を賃貸で飼うためには

最重要事項としては、まずは契約書を確認することです。

ペット不可、可の文言が入っています。

もちろん、ペット可のマンションであれば申告して、承認を貰い、通常通り賃貸契約を結べばいいかと思います。ただ、ヘビなど爬虫類などは好き嫌いがあるので、中には犬はいいけど、ヘビはだめ!なんて所もあるかもしれませんね。

音が出なければ大丈夫?

小型の飼育動物は基本的には鳴き声など音が出ない事が多いので、バレにくいという側面があります。

賃貸契約中はよっぽどの事でない限り、室内に入られる事もないですので、通常であれば、内緒で買う事も可能でしょう。

ヘビ、ハムスター、ウサギに関しては、ペット不可のマンションで内緒にして飼っている方が多いという現実もあります。

また鳥などは、鳴き声が多少出ると思いますが、近隣の様子を見ながら飼うというのが大事になってくるかもしれません。

 

最終的には家主や管理会社の判断にはなりますが、例えば、当社が管理しているペット不可マンションで小型動物の飼育している事がわかった場合は、心証は悪いですが、契約解除までの事由にはならないと思います。

 

ただ、今後なにかしらの不具合があった場合には、多少の譲歩をお願いするかもしれません。

臭いが出る

特に哺乳類系の動物は糞尿の臭いが出やすいです。

鳴き声がうるさい

小鳥などは留守の間にも鳴き続けている可能性があります。

窓から見えている

ヘビなどは目にも入れたくない。という人も多いです。窓の近くで飼育していると共有部分が見えてしまう。という事がありえるかもしれません。

 

小動物は犬や猫のようにアレルギーで他の住民に迷惑をかける、鳴き声がうるさ過ぎて迷惑をかけるという事がないので、緊急性がなく、実際にトラブルにならないと明るみに出ないことが多いようです。

なので、実際の所は所有者の黙認状態で飼育している人が多いという現状でしょうか。

 

まずは契約書を確認

ともあれ、物件によってはペット不可の文言をきつめに入れている事もあります。

犬猫のみにかかわらず、全ての動物を禁止!という事で入っている事もあります。こういった文言に違法性はもちろんないので、内緒で飼っていた場合は最悪、強制退去にもなりかねません。

 

出来る事なら、まずは、小型動物の飼育を希望しているという事を所有者が管理会社に相談するのがベストです。

マル秘の上手な言い方は、、

本当は既に飼っていたとしても、入居後に飼いたいんですが、可能ですか?という事で探りをいれます。笑

ここからの返事で飼えそうかどうかというのを判断して、入居するかどうか、、というを検討していくのもいいかもしれません。

-契約について, 賃貸
-, , ,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.