契約について 賃貸

賃貸契約時の必要書類

更新日:

部屋探しも終盤です。申込、審査も終わり、契約書の記入ですね!賃貸の場合は契約書の提出と一緒に必要書類の準備をするのが一般的です。役所関係の書類や、源泉などは、すぐに取得できない場合もあります。あらかじめ用意しておくと、スムーズに契約できますね。

賃貸での一般的な書類

個人契約の場合の一般的な書類です。

契約者

  • 住民票
  • 顔写真
  • 所得証明

連帯保証人

  • 印鑑証明

役所関係の書類は(住民票、印鑑証明など)は発行から3ヵ月以内と指定される事が多いです。顔写真は証明写真じゃなくても基本的には顔が分かれば何でもOKです。プリクラは不可。

所得証明は源泉徴収票があれば、一番いいのですが、所得があがってない人は、給与明細3か月分や、勤務前の人は内定通知書などで対応するのが一般的です。自営業者の方は確定申告の書類を言われる事もありますが、、。

物件や家主さんによっては書類は変動があります。

契約者も印鑑証明が必要であったり、連帯保証人に所得証明が必要であったりと、、自分が契約する物件の必要書類というのを事前にしっかり確認しましょう。

法人の場合の必要書類

契約者(法人)

  • 登記事項証明書

連帯保証人

  • 印鑑証明

法人の方が書類的には少ない場合が多いです。また法人の書類は会社概要や、会社パンプレットの提出で謄本に変える事が出来る事があります。

必要書類がそろってないと

たまーに、入居日が迫っている中、必要書類をすっかり忘れてしまうお客様がいらっしゃいます。全て、営業マンの指示不足という事なのですが、書類がそろってない場合は原則入居出来ない。という考え方が通常です。ただ、現実はそこまで厳しい所はほとんどなく、念書での対応になります(〇月×日にまでに提出します。と一筆書く)

 

 

必要書類に関しては、賃貸契約には必須なので、最初の段階で、どのタイミングで何がいるのか?というのを担当営業マンとしっかり打ち合わせしておきましょう。

-契約について, 賃貸
-, , , ,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.