豆知識

賃貸不動産屋の売り上げ、収入

更新日:

 

会社として存在しているからには、売上、収入と言うのがあって当然ですよね。

この記事では、なかなか分かりにくい不動産屋の売り上げについて綴ります。

仲介手数料だけじゃない収入

不動産屋の収入として一番真っ先に思う浮かぶのがこの仲介手数料ではないでしょうか?

賃貸の契約を結んだ時に、借主貸主に合意の元請求できる権利があります。

賃貸の場合だと家賃の1ヵ月分という事で規定がありますが、これは不動産屋の純粋な売り上げです。

では、それ以外にどういった収入があるのか見てみましょう。

入居者募集による手数料

これは、家主さん側から貰う手数料みたいな事です。入居を決めてくれてありがとう!という事でお礼を貰います。

別の見方で言うと、賄賂的な見方も出来ます。ここに関しては金額の定めがないので、、、高いお金だすから優先的にお客さん入れてよーーみたいな事があるのです。詳しくは→広告料と仲介手数料

不動産管理のよる収入

家主さんも、自分でマンション等の管理が出来ればいいのですが、遠方に住んでいたり、毎日毎日、入居者からのクレームにこたえられない。という方もいらっしゃいます。なので、そういった方は不動産業者にマンションを管理を任せて、月額一定の金額を払っています。

 

オプションでの収入

これは、賃貸契約の時にオプションを色々つける事でマージンを取ろうというやつです。一つ一つの金額は多くないですが、件数が積もるとそれなりに高くなります。

24時間サポートのオプションを加入して貰ったり、抗菌代を取ってみたり、、と不動産屋側も色々な趣向を凝らしてお客さんからお金を取ろうとしてきます。

 

よく駅前でもないのに、ひっそりとやってる不動産屋がありますが、ここってどうやって生計を立てれてるんだろう?と気になりませんか?笑

こういった不動産屋は管理している物件を沢山持っている事が多い為、お客さんがこなくてもある程度固定収入があって、経営をしています。

 

駅前の不動産屋なんかは、逆に手数料だけでやっていっている事が多いので、とにかくお客さんを呼んで契約を決めていかないと会社としてはすぐにダメになってしますんですね。

 

細かく書けばもっと、色んな収入があるのだと思いますが、キリがないので、主な収入を書いてみました!

-豆知識
-, ,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.