営業について 賃貸

家賃交渉はしてる風で本当はしてない事もあるって本当?

更新日:

家賃交渉といえば、部屋探しの醍醐味の一つかもしれませ。特に関西人、大阪人の感覚では資料にのっている正規条件では借りたくないのが本音かもしれません。少しでも家賃を安くしてほしい、、。家賃交渉について書きました。

不動産屋として出来る事は同じ

まず、大大大前提として、大阪各地に沢山ある不動産屋も、やってる事は一緒です。詳しくは「沢山ある不動産屋の違いは?」を見てほしいのですが、何処も出来る事は一緒です。即ち、どこから交渉を入れても、結果は同じ。という事です。

よく、不動産広告や、店舗サイトなどで「当社に交渉はお任せ下さい!」と書いてあったりしますが、子供騙しです。家主さんや募集をしている管理会社などは、毎日沢山ある問い合わせの中から、特別にあなただけ、家賃交渉に乗りましょう。という事はしてくれません。こうゆう事をやっているときりがない為、いくらまでならOK。という事をある程度決めています。交渉に関しては言うか言わないかの違いだけで、、、結果は同じなのです。

なんか、夢がないですよね。。笑

営業マンが交渉してるフリ?

これは、不動産営業にかかわらず、営業という職種にはつきものかもしれませんが、最終判断に迷っているお客さんの決断のきっかけとして交渉を成功させて、契約に結びつけます。「この交渉がうまくいったら、契約してくださいね。」という感じの流れです。

果たして、その交渉は本当にやっているのでしょうか。

僕は不器用なタイプなので、今までやったことがないのですが、最初から条件を高く提示しておく事で、あたかも交渉したように見せかける方法があります。

例えば、あなたが6万円で部屋探ししてるとしますね。

色々、さがしてもらってるんだけど、なかなか希望に合いそうなのがなくて、、。ちょっとゲンナリしますよね。

そこで、探してる営業マンが、。「この部屋なんですけど、希望にぴったりじゃないですか?(資料を見せて)家賃7万なんですけど、一回見てみませんか?」となるわけです。

確かに希望にぴったりだけど、家賃高いな~となって迷ってるあなたに。「じゃ、見て貰って、気に入ったら家賃交渉して家主さんに6万円になるようにしてもらいます。僕頑張るんで、ぜひ、見てみましょう。( ー`дー´)キリッ」とかなると、じゃー見てみよっかなってなりますよね。

あとは、実際見てみると部屋も問題なさそうだし、、。ぜひ家賃交渉をお願いします!となるわけです。。。

でも実はこの部屋、最初っから6万なんですよね。だから営業マンは空電話(電話をしているフリ)なんかをして「家主さん~今めっちゃ内容のいいお客さんいてて、部屋もすっごい気に入ってるんですけど、、。家賃がね~。。」という演技をかます訳です。

後は、家主さんがあなただけ特別に6万円でもOKでしたよ~。という事で、すぐに申し込みしましょう!という流れになるわけです。

3行で表すと

  • まず、お客さんと話をして、相場感をあげ、自分の部屋は希望家賃ではないんだ。と思わせる。
  • 次に、営業マンが決めたい物件を「これ交渉で安くなるから」と提示する。
  • 交渉をしたように見せかけて、契約を取る。

と、いう感じです。

なので、交渉からの契約という、手法にのらずに、自分で焦らずじっくり考えて決断できるといいですね。

不動産営業という手法のそれなりの暴露ですが、僕個人的には上記の方法を使って、最後まで気持ちよく契約させてもらえるなら、その営業マンは優秀だと思うのです。僕個人が出来ないだけで、この方法で営業出来る人は優秀だと思ってます。笑

-営業について, 賃貸
-, , , ,

Copyright© ぶっちゃけ大阪不動産 , 2019 All Rights Reserved.